ブログ|合同会社Wood one

オフィシャルブログ

森からの手紙

20221115150254-0001

熊本県の農林水産部森林局 森林整備課が発行する広報誌「森からの手紙 vol.13」の森の担い手として紹介されました。

20221115150345-0001

熊本県内の「健全な森づくりのための森林集積促進事業」において熊本県内の森林を所有者の方がご自分で手入れや管理をすることが難しく、手放したい意向を持たれている森林を、熊本県があっせんし「森の担い手」である林業事業体に所有権をあっせんする制度です。

森林は手入れをしないで放置しておくと、ご先祖様が植林された立木が倒れたり鹿の被害や育ちが悪くなったりします。

しかし、近年の林業は高性能機械を使用するなど、なかなか個人の手で森林を手入れするのが難しくなってきています。

森林を管理するのが難しいと思われている方、ご自分で手入れするのが難しいとお考えの方は、ぜひ弊社へご相談ください。

541

Jクレジット

J-credit-3

森林は二酸化炭素を吸収してくれます。

日本国内や熊本県においても、カーボンオフセットという二酸化炭素排出量から二酸化炭素吸収量を差し引いた数字を「0」にすることをを2050年度までに達成するという目標を掲げています。

したがって、森林により吸収される二酸化炭素はクレジット化し売買することができるのがJクレジット制度です。

弊社においても今年度より、J呉地位登制度の登録作業を進め来年度のJクレジットの創出を目指してまいります。

 

J-クレジット制度の概要と目的J-クレジット制度とは、省エネ・再エネ設備の導入によりれたりしたCO2等の温室効果ガスの量を認証排出削減し、認証分のされたり、森林管理により「クレジット」を発行発行されたクレジットは、「自らの排出削減は限界だが、もっと排出削減した“ことにしたい”ので、他者の排出削減・吸収実績を買い取りたい」という者などに、こうした売買が、クレジットの創出者と購入者との間の吸収する国の制度売却することが可能。自由取引(量も価格も自由)。さで行われることにより、「市場メカニズム」の下、地球温暖化対策の資金を循環させ社会全体で最適に配置とが目的。

Wood Connect Project 木育ワークショップ

令和4年7月26日、小中学生向け木育ワークショップを開催しました。

本ワークショップは、森林や地元産材、木の加工技術を学んだ水俣高校建築コースのみなさんが講師となり、楽しく森や木のことを学び、「木の加湿器」製作、木材加工体験できるワークショップです。

ワークショップには、小中学生23名が参加しました。20220726縲€・郁ィ倬鹸竭。・会シイ・泌ー丈クュ蟄ヲ逕溷髄縺第惠閧イ繝ッ繝シ繧ッ繧キ繝ァ繝・・ (1)-1 20220726縲€・郁ィ倬鹸竭。・会シイ・泌ー丈クュ蟄ヲ逕溷髄縺第惠閧イ繝ッ繝シ繧ッ繧キ繝ァ繝・・ (1)-2

その様子が水俣市のホームページに掲載されました。

https://www.city.minamata.lg.jp/kiji0032885/index.html

猛暑

IMG_4753

今年は早くも梅雨が明け、猛暑が続いてます。

そんななか、所有山林の下刈りをしております。

下請け様にお願いしているのですが、暑い中の作業をしていただき本当にありがとうございます。

おかげで苗もすくすくと成長していっております。

この苗が成長し伐採するのはまだまだ50年ほど先の話ですが、次の世代へ引き継いでいきたいと思います。

施工前

IMG_4657

Wood Connect Project 2022

3_2746_up_nq0iz1cy

 

水俣高校や水俣市、製材所や建具組合と連携してきたWood Connect Projectを本年度も進めていきます。

先日、伐採体験してもらった生徒さんへ「水俣の森林保全、地域産材を取り巻く現状や課題」の講義をしてまいりました。

その様子が水俣市のHPに掲載されました。

https://www.city.minamata.lg.jp/kiji0032746/index.html

夏に小学生へのワークショップを高校生が先生役として教えていくための基礎となり、地域のコミュニケーションづくりに貢献していければと思います。

水俣市大川地区の県道災害復旧工事

IMG_4511 IMG_4526

先日安全祈願祭をした現場が作業完了しました。

クレーンによる作業もありましたが、無事に安全に作業することができました。

IMG_4512

IMG_4515

IMG_4521

安全祈願祭

IMG_4486

水俣市大川地区の県道災害復旧工事の安全祈願祭に参加しました。

県道と川の間にある雑木などの伐採工事を請け負わせていただきますので、安全に注意して事故等ないように注意して作業を進められるよう祈願いたしました。

IMG_4423 IMG_4425

クレーン車なども必要な大きな木の伐採もあります。

作業風景などをはまた掲載していきたいと思います。

SDGs

SDGs莠倶セ矩寔・・5・雲018 (2)-1

水俣市のSDGs事例集に紹介されました。

SDGsは2015年に国連サミットで採択された2030年までの15年間での達成を目標とした「持続可能な開発目標」のことで、全部で17の目標が設定されています。

林業が関わる森林においては、下の図のように多くの目標が設定されています。

sdgsimage

 

その中でも目標15番の「陸の豊かさも守ろう」の項目は林業に深くかかわる部分で、Wood oneにおいても循環型林業(造林から伐採まで)をすることで環境などに大きくかかわっていきたいと考えています。

 

Wood Connect Project 2022

IMG_4165_Moment

IMG_4166

2022年度のWood Connect Projectの概要が決まり、最初の取り組みとして、水俣高校建築コースの2年生による伐採体験と製材所の見学を実施しました。

生徒3名に津奈木町岩城の山林にて実際に70年生のヒノキの伐倒を体験してもらい、初めてのチェーンソーでの伐倒に慣れないながらも指導の下、見事に伐倒しました。

その後、高性能林業機械による集材作業、造材作業、搬出作業を見学し水俣市百聞町の田中製材所さんへ移動し田中社長から説明を受けながら、山から搬出された丸太が製材される様子を見学しました。

IMG_4172

IMG_4171

次回は水俣市の森林の現状と木材の特性などについての講義をする予定です。

施工実績の投稿

水俣市市有林間伐のの施工実績を追加しました。