オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

Wood Connect Project 2022

3_2746_up_nq0iz1cy

 

水俣高校や水俣市、製材所や建具組合と連携してきたWood Connect Projectを本年度も進めていきます。

先日、伐採体験してもらった生徒さんへ「水俣の森林保全、地域産材を取り巻く現状や課題」の講義をしてまいりました。

その様子が水俣市のHPに掲載されました。

https://www.city.minamata.lg.jp/kiji0032746/index.html

夏に小学生へのワークショップを高校生が先生役として教えていくための基礎となり、地域のコミュニケーションづくりに貢献していければと思います。

水俣市大川地区の県道災害復旧工事

IMG_4511 IMG_4526

先日安全祈願祭をした現場が作業完了しました。

クレーンによる作業もありましたが、無事に安全に作業することができました。

IMG_4512

IMG_4515

IMG_4521

安全祈願祭

IMG_4486

水俣市大川地区の県道災害復旧工事の安全祈願祭に参加しました。

県道と川の間にある雑木などの伐採工事を請け負わせていただきますので、安全に注意して事故等ないように注意して作業を進められるよう祈願いたしました。

IMG_4423 IMG_4425

クレーン車なども必要な大きな木の伐採もあります。

作業風景などをはまた掲載していきたいと思います。

SDGs

SDGs莠倶セ矩寔・・5・雲018 (2)-1

水俣市のSDGs事例集に紹介されました。

SDGsは2015年に国連サミットで採択された2030年までの15年間での達成を目標とした「持続可能な開発目標」のことで、全部で17の目標が設定されています。

林業が関わる森林においては、下の図のように多くの目標が設定されています。

sdgsimage

 

その中でも目標15番の「陸の豊かさも守ろう」の項目は林業に深くかかわる部分で、Wood oneにおいても循環型林業(造林から伐採まで)をすることで環境などに大きくかかわっていきたいと考えています。

 

Wood Connect Project 2022

IMG_4165_Moment

IMG_4166

2022年度のWood Connect Projectの概要が決まり、最初の取り組みとして、水俣高校建築コースの2年生による伐採体験と製材所の見学を実施しました。

生徒3名に津奈木町岩城の山林にて実際に70年生のヒノキの伐倒を体験してもらい、初めてのチェーンソーでの伐倒に慣れないながらも指導の下、見事に伐倒しました。

その後、高性能林業機械による集材作業、造材作業、搬出作業を見学し水俣市百聞町の田中製材所さんへ移動し田中社長から説明を受けながら、山から搬出された丸太が製材される様子を見学しました。

IMG_4172

IMG_4171

次回は水俣市の森林の現状と木材の特性などについての講義をする予定です。

施工実績の投稿

水俣市市有林間伐のの施工実績を追加しました。

年末のご挨拶

本日で今年の営業は終わりになります。

本年も山主さまはじめ地域の方々のご協力のもと、無事に一年を終えることができました。

来年もよろしくお願いいたします。

年初めは1月3日より営業いたします。

IMG_2235

来年も地域に根差した林業を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

山林の再生

IMG_1593

山林を伐採した後には、スギやヒノキの苗を植林して山を再生していきます。

苗を植え育てることで、土砂災害の防止や生態系の保全など山林をもとの姿に戻すよう再生していくことは山林のある地域の生活に関係するだけでなく、地球温暖化の防止、漁業などの海水の肥沃化など地球規模でも影響があります。

IMG_3870

 

スギやヒノキは50年間と長い期間で育て収穫しますが、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みの一環としても大切なことだと思います。

昨今は伐採後植林をしない山林が増えてきています。

山林に植林したり下刈りや間伐など、木を育てるには費用が掛かります。 そのため植林をためらう方もいらっしゃいますが、現在では国や県、市町村から木を育てるための費用の補填として様々な補助金が使用されています。

弊社でも補助金の申請などの事業もしておりますので、植林や造林などや山林の管理が難しいなどの不安のある方は是非ご相談ください。

シカによる森林被害

熊本県水俣市では動物の鹿による森林被害が深刻化しています。

IMG_2951

写真のようにヒノキの立木の樹皮を食べてしまい、そこから立木が腐れてしまう可能性もあります。

また植林したばかりのスギやヒノキの苗も鹿の喰害が深刻化しています。

その対策として、新たに植林する箇所には鹿が山林に入ってこないようにネットを張り巡らせて被害を防ぐようにしています。

IMG_2023 IMG_2031

 

鹿対策ネットについては、国や県の補助金が適用されますので、気になる方は弊社へお気軽にご連絡ください。

季節のご挨拶

日に日に秋が深まってきました。
仕事の後は、アツアツおでんやお鍋が美味しい季節です!

年末に向け、何かと忙しい日々が続きますが、
コロナ禍はまだ収束しておりません!

お互いに感染防止対策を欠かさず気をつけましょう!!