オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

Wood Connect Project

DSC_2904 (1)

水俣環境アカデミアにおいて、Wood Connect Project(産学官連携事業)の一環として、水俣高校建築科の生徒さんたちに授業をしました。

その内容が水俣市のホームページに紹介されましたので、ご覧ください。

https://www.city.minamata.lg.jp/kiji0032358/index.html

BAT2

講習会4日目最終日は、BAT2は軽い剪定とリギング作業の基本を学びました。

 

BAT2で学ぶリギングはどれほど、危険な仕事であるのか説明を受けながら、「安全に作業する」ため に何を学ぶべきかを教わりました。

正直な話、出来るかが不安でしょうがないですね。ギアの選定や使用方法、毎回同じ条件ではないので、頭が混乱しそうです…

 

実技ではロワリング・デバイスの取り付けに使うカウヒッチやティンバーヒッチなどの結び方や、ギアの使用方法を教わり、デモンストレーションで、トレーナーの中谷さんにリギング作業や的確な枝下ろし、バランシングの作業を見せてもらいました。

すぐすぐ仕事で実践というのは、難しいですが、会社として、この仕事を始めるをいう強い意志で、前に進みたいですね。

 

この4日間、すごく濃密な講習会でした。

 

講師の中坪さん、トレーナーの近藤さん、ジョニーさん、古賀さん、中谷さん、お世話になりました。

このご縁を活かせるようにきこり一同、精一杯気張ります。

 

最後に、中坪さんが、「アメリカでは、アーボリストは、子供達が将来なりたい職業ランキングで、上位に入るから、日本でもアーボリストを増やして、子供たちが憧れるヒーローのような職業にしたいね」って言葉に心打たれました。

きこり7号は、中坪さんに恋をしてしまいました。あんな人になりたいと…

 

そして、我が子に誇れる職人になりたい…

 

林業も、アーボリストも、誇りを持って働けるよう、これからも精一杯気張ります。

16

17

18

ご安全にっ!!

 

きこり7号

BAT1  ~2日目~

講習会3日目BAT1の2日目は、朝から外での実習。

前日行ったクライミング実技の続きで、いよいよ樹上でのウォーキング。

19

15

樹上でも地上と同じようにチェンソーを扱えるようになることが最終目標ですが、そのために大切なのは、ポジション取り。

どこにロープを張り、どう移動すれば安定したポジションを確保できるのか。

6

9

なかなかこれが上手いこといかず、きこり7号は

スイングバックし、木に激突なんてことも…

 

登る技術だけではなく、最適で安全な作業手順を組み立てる、プランニング能力も必要です。

 

樹上に登る人以外の地上で作業する人も、仲間の安全のために危険を察知していち早く声掛けすることも重要になってきます。常に2人以上で行動するアーボリストにとって、仲間は文字通り命綱です。だからこそ、コミュニケーションが大切。

 

さて、実際に登ってみると、きこり6号君は高所恐怖症で、登ってはみたものの枝に渡ることが出来ず「どぎゃんすればよかっやぁ〜」って周りは大爆笑。そのあと、社長から戦力外通告(≧∀≦)

きこり6号よ、高所恐怖症を克服せよ!!

 

クライミングと樹上ウォーキングを終え、

机上での基本の枝切り、ハンドリギングの講座を受けて講習会3日目BAT1の2日目が終了しました。

アーボリスト講習会 BAT-1 ~1日目~

こんにちは。

きこり7号と申します。

入社4ヶ月のおじさんです。

どうぞ宜しく。

 

事務員1号さんからの要請で、アーボリスト講習会の体験報告をすることに…

 

小生、文才がないのでお見苦しい文面となりますが、少々お付き合い下さい。

 

さてアーボリストとはなんぞや?と皆さん思われると思いますが、簡単に言えば高い木の剪定やメンテナンスを専業としている人のことを指すようです。

 

海外ではメジャーな職業らしいですが、日本での認知度は低いとのことです。

 

そんなアーボリストを身につけて、森のスペシャリストとして活躍しようと社長が一念発起。

作業員全員で講習会に参加してきました。

1日目は、事務員1号さんの記事をご参考に。

 

2日目からは、安全な樹上作業のためのアーボリスト・トレーニング(Basic Arborist Training-1)を2日間にわたって受講しました。

 

まずは、基本のMRS(ムービング・ロープ・システム)というものについて学びました。

1

ブレイクスヒッチやディステル、シュワビッチなど聞き慣れないワードや、横文字が…

Throw、Bark Check、Bounds Check…などなど、頭の中を駆け回ります。

先行きかなり不安…ものにできるか…

 

そんな中、「Throw Line(スローライン)」の操作方法を学びました。

この実技講習にみんなどハマりして、休憩時間を惜しみ、猛特訓。

めちゃくちゃ楽しいんですよ、これがっ。

2

3

13

楽しすぎて、きこり7号はスローラインセットをAmazonでポチッとなっ。嫁には内緒で…

結果、言うまでもなく怒られました…

 

一旦スローラインの操作は終わり、昼からは

MRSセッティング、およびクライミングの実習に入りました。

 

※MRS  Moving Rope System (ムービングロープシステム)

Moving: ロープが常に動く構造と機能のこと

 

みんなセッティングに四苦八苦…

ロープワークを覚えてないと、これまた難しい作業。ブレイクスヒッチやダブルフィッシャーマンヒッチなどなど…

4

5

8

1本のロープにさまざまな結び方をし、システムを作ります。この1本のロープに命を預けるわけだから、そりゃ慎重になりますよね。

みんな真剣に取り組み、なんとか出来上がり、

いざクライミング開始。

11

12

14

 

どこに荷重をかけて、何に注意してクライミング練習するのか、ポイントをしっかり学びました。

7

10

外での実技も終わり、夕方から机上での講習。

睡魔に襲われてるメンバーも…

ロープワーク復習や危険木などの解説を聞きBAT1の1日目が終了。

 

山師と空師

山で木を切るきこりさんを “山師” という言い方をしますが

”空師”と言われる方々もいらっしゃいます

 

4/6(火) 出水青年の家にて

アーボリストトレーニング研究所 ATI認定トレーナー 中坪さんを講師に

社長と現場作業員の8名でATIアーボリストセミナーを受講

アーボリスト講習

 

アーボリストとは高い木の剪定やメンテナンス等を行う人

“空師”とも言われています

Wood oneでも重機を持ち込めない山林や

道沿いの支障木伐採を視野に受講することに…

1日目はロープ高所作業(樹上作業)特別教育

実習3

 

実習1

 

実習2

 

 

実習4

 

↑撮る人を撮る 笑

わたくし事務所で留守番中の事務員の為

詳細についてはまだ不明…

詳しい内容については

”山師” が ”空師” になって帰って来たときに

アップさせて頂きたいと思います

(事務員1号)

新たなスタート

3月17日(水)

昨年の7月の豪雨災害

人吉の現場にあった弊社の4tダンプとグラップルも被災しました。

ダンプ1

 

 

新たにアームロール式(脱着装置付きコンテナ専用車)の4tダンプを購入しました。

新車トラック

トラック2

 

伐出の際、道幅が狭く10tトラックの入れない現場では

4tトラックが10tトラックまでピストン輸送することを想定し

荷台コンテナを2つ同時購入、作業の効率化を目指します。

 

2021 伐採体験

3月15日(月)

Wood Connect Projectの一環として水俣高校電気建築システム科建築コースの生徒と

水俣市長崎の伐採現場にてヒノキ立木の伐採体験を実施しました。

開始挨拶

伐倒説明1

チェーンソーの使い方

フォワーダ実演

チェーンソーを持つのもはじめての生徒ばかりでしたが、実際に木を伐採する体験をしたことで、今後の授業の過程の中で経験を活かしてもらえればと思います。

Wood Connect Project 製作物引き渡し式

IMG_2894

令和2年度のWood Connect Projectで製作されたベンチとシゲン箱の引き渡し式が行われました。

水俣高校建築コースの3年生による研究発表も行われ、3年間の成果を発表してもらいました。

また、Wood Connect Projectが熊本日日新聞の記事のも掲載され、プロジェクトを立ち上げ3年目で、さらに認知度も高まり、輪がひろがっていきます。

https://kumanichi.com/news/id113788

 

芦北ボランティア活動

7月12日(日)

先日の豪雨で被害を受けた芦北地域のボランティア活動に参加させていただきました。

 

IMG_2158

 

現地では店舗兼住宅の家財道具の運び出しから始まり…

 

CUAE9688

 

床板を剥ぎ、床下の泥を出し…

 

IMG_2209

窓・網戸・雨戸も一枚ずつ洗浄

IMG_2155

庭に溜まった泥を運び出す作業中に活動の終了時刻となりました。

 

弊社9名で参加させていただきましたが

1日かけても最後まで終わらせることが出来なかったことに

水災の後片付けの大変さを痛感しました。

 

今回の熊本県南豪雨で被災された方々には

一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

初野神社 御神木の剪定

IMG_1774

 

水俣市の初野神社において御神木の剪定作業をしました。

樹高約30mのクスノキをクレーンを使用して枝葉の剪定をしていきます。

初野神社は私たちの地元であり、安全に注意して作業を進めました。

 

 

IMG_1767